暮らしにプラスヘルス
「がん」について知ってますか?
CATEGORY:Food, Life
2018.9.14更新

「がん」って何ですか?

日本の死因の約3割が「がん」。
でも、そもそも「がん」って何でしょう?

 

人間の体が数十兆個の細胞で作られているけど、うっかりミスしてDNAをコピー。
それが「がん」です!

 

正常に働くはずの遺伝子は細胞の結合・分裂を行いますが、
異常な遺伝子は、ブレーキのない車のように暴走。
がんを抑制するはずの遺伝子も働かなくなり、細胞はどんどんがん化していきます。

 

でも、がん発生はどこから来るんでしょうか。
発がんイニシエーターが、細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞のもとを作ります。
発がんプロモーターが、発がんを促進して増殖。

 

たばこを吸うと、発がんイニシエーターががん細胞のもとを作り
塩分の高い食事や、アルコールががん化をどんどん促進してます。

 

がんは、どこかから突然やってくるものではありません。
毎日の生活習慣の中で、少しずつ成長させているのは自分自身です!

 

がん化を抑えるには、

・食事

・運動

・睡眠

・ストレスのない生活

が大切になります。

 

 

がんの統計が教えてくれる「私たちの困った生活習慣」

 

がんの部位別の罹患数を見てみましょう。

 

1位:大腸がん

2位:肺がん

3位:胃がん

(平成28年国立がん研究センターがん罹患数予測)

 

肺がんの原因は喫煙。

胃がんの原因は食塩のとりすぎや辛い刺激物の食生活。

なんとなく、それぞれの部位の働きを見たらわかりますよね。

 

では、大腸はなぜ1位なんでしょう?

栄養素を吸収された食物は、大腸に送り込まれますが、
その中に発がん物質も含んだまま送り込まれます。
蓄えられる間に、発がん物質と腸壁が接触することでがんが発生します。
食物繊維の摂取が減ると、便の停滞する時間が長くなります。

 

大腸がんは、野菜を食べなくなって便が出にくくなることによって、
大腸内に停滞した発がん物質が引き起こす「がん」なんですね。

毎日の食生活によって起こるがんとして、誰にでも起こるのが大腸がんです。

 

食物繊維は大事です。

野菜を食べましょう!!

関連記事をチェック
はかる・わかる・きづく
2018年9月4日更新
ナガタメディカルヘルスケア
季節の食材について
2019年4月24日更新
仙石 祥枝
野菜で元気だより
2018年9月25日更新
吉田千佳